spsr4x4.png

HOME > 「開業医の妻」の仕事

有限会社思援 医療事業部 思援 医療事業部 名古屋・愛知・岐阜・三重の開業セミナーロゴ
名古屋 税理士法人浅野会計ロゴマーク
452-0943 愛知県清須市新清洲二丁目9-13
TEL:052-408-0040

名古屋 愛知・岐阜・三重の診療所・クリニック・医院 開業医の妻の仕事

開業医の妻の仕事

spsr4x4.png

奥様の「内助の功」は、クリニックの繁栄の大本

東海地方(名古屋・愛知県・岐阜県・三重県)の医師のみなさま
奥様の働きは、クリニックの繁栄の大本なのです。ドクターはどちらかというと医療に集中していて職人的なところもありますから、奥様がクリニックのスタッフや業者など周りを巻き込んで経営していくのが理想的です。

奥様の「内助の功」は、クリニックの繁栄の大本ですから開業医にとって奥様の役割は非常に大きく、奥様と共にクリニックの開業を進めれば、新規開業が成功する確率はものすごく高まります。
ところが、最近の傾向として夫婦でクリニック経営を頑張りたいという方の数が減っているようにも思います。
でもご夫婦がクリニックを経営することが、成功への早道なのです。
以下に、クリニック経営の中で奥様が果たす大きな役割について述べたいと思います。

集患のカギは、「いかに女性を取り込むか」

まず、奥様がクリニックの経営に関与されると、女性の目線で様々なクリニックの改善を行うことができます。つまりお子さん連れのお母さんや、女性が来やすいクリニックを作るためには、奥様の目線がとても大切なのです。
ドクターの腕だけでは、女性患者は集まりません。女性患者を増やしたければ、女性が喜んでランチに連れ立って行くようなクリニックの雰囲気づくりをする必要があるからです。
駐車場についても、女性ドライバーが車を停めやすい駐車スペースを考慮して作る必要があります。
そうするとそれにつれて、男性患者も集まってきます。ですから集患のカギは、「いかに女性を取り込むか」にあると言っても過言ではありません。
女性の感性を大切にしたクリニックづくりを、奥様の意見を取り入れながら行うべきでしょう。
またドクターも、女性患者さんとうまくコミュニケーションを取るように努力してください。

集患のカギは、「いかに女性を取り込むか」

また奥様が受付をされていて、忙しいドクターに変わって、MRさんや外部の業者との連絡役として、奥様が真ん中に立って先生に伝える情報を区分けしていただけると、必要な情報の交通整理ができて、とにかく時間がないドクターとしてはとても助かります。

スタッフの取りまとめ

クリニックのスタッフを取りまとめるのも、奥様のお仕事です。
スタッフの悩みの相談相手としても、男性であるドクターではカバーし切れない部分を奥様が埋めることができるでしょう。
奥様がクリニックの隅々まで目を光らせていて、うまくスタッフを取りまとめているクリニックでは、スタッフが辞めずに長く働いてくれます。

スタッフの取りまとめ

クリニックの経理担当者として

奥様がクリニックの経理担当者として、現金出納帳の入力、会計ソフトの入力、スタッフの給与計算などを行っていただけると、ベストです。

クリニックの経理担当者として

ドクターと奥様が数字を共有することによって、クリニックの経営はよくなります。
普通の人はだいたい、なんとなくの感覚で日々の経営を行っています。それを数字で把握することによって、経営感覚が身についてくるからです。
実際の来患数と医業収入の関係や、経費の使い方についてわかってきますから、必要であればそこに税理士が入って、ドクターと奥さんとの間でどのように経営改善すればよいか具体的に話すこともできます。
そうやって赤字だったクリニックも、経営改善していくことが可能になるのです。

地域コミュニティとの架け橋

地域コミュニティとの架け橋クリニックは立地産業ですから、地域コミュニティの中でなるべくみなさまに良いイメージを持っていただく必要があります。
そのためには、奥様の「内助の功」はとても大きいと思います。ドクターはお忙しくてなかなか外に出られませんから、そこを奥様がカバーして、地域社会とクリニックの接点になっていただければ、地域密着型のクリニックとして患者さんを広く長く集めることができるようになります。
奥さんがいつもクリニックにいて、とにかく明るくてオープンな性格で、地域のみなさんが「あそこの奥さん、とっても感じがいいのよ」という話をするようであれば、集患については心配する必要はありません。

お子さんの教育、まず中学受験

お子さんの教育はクリニックにとって重大なテーマです。
ご主人が流行らせたクリニックをお子さんが承継する見込みであれば、お子さんは医学部に入らなければならない宿命を背負っています。

お子さんの教育、まず中学受験

医学部に入るためには、適切な時期に情報をうまく取る必要があります。
そのためには、中学受験が大切です。滝中学、南山中学、東海中学といった私立中学に入学すれば、開業医の子弟の友達がたくさんできます。そうするとその友人たちのネットワークから、医学部入学に役立つ情報が得られやすくなるのです。つまり医学部入学が視野に入ってきます。
お受験の一方で、医学部の学費の原資を積み立てるために、クリニック経営にもてこ入れが必要です。
もちろん国公立の医学部に通ってくれればありがたいのですが、通るかどうかは紙一重の差ですから、やはり私立大学に行く場合のことも考えて準備しておく必要があるでしょう。
そのためには、これからは介護の時代ですから、医療法人化して多角経営を行うなど、ドクターだけではつとまらないことについて奥様が力を発揮する局面があるかもしれません。

積極的に「失敗しない資産運用」

教育資金を貯める上でも、資産運用がとても大切ですが、ドクターはとにかく忙しいですから銀行や証券会社に行く時間的な余裕はありません。
奥様が積極的に情報をとって金融機関に出向かなければ、ドクター本人がさらに忙しくなってしまいます。
失敗しない資産を目指したいものです。

積極的に「失敗しない資産運用」

ドクターは、患者さんのことをいつも考えていますから、そのような環境を奥様が準備してあげられるかどうかが、クリニックが成功するかどうかの、大きな分かれ目になっているように思います。

医院開業セミナー 名古屋、愛知県・岐阜県・三重県のクリニック・診療所の新規開業コンサルティング
医院経営サポート、開業物件探し 医療法人設立・事業承継

名古屋「開業成功」セミナー開催名古屋「開業成功」セミナー開催

名古屋、愛知・岐阜・三重のクリニック・診療所の新規開業・資金調達・開業物件探し
医院経営サポート 医療法人設立・事業承継開業セミナー


名古屋「開業成功」セミナー開催名古屋「開業成功」セミナー開催

ご相談フリーダイアル

0120-142-976

TEL052-408-0040

名古屋・愛知の開業支援
思援 医療事業部 
思援 医療事業部 セミナーロゴ
名古屋・愛知・岐阜・三重 税理士ロゴマーク名古屋・愛知・岐阜・三重 税理士ロゴマーク
〒452-0943
愛知県清須市新清洲二丁目9-13